2015年08月14日

バドミントンのノック用シャトルケースの自作

このお盆休みは趣味のバドミントンの練習道具を自作してみました
本格的なバドミントンのクラブ活動では、よくノック練習を行っているようです
これはバドミントンのシャトルを野球のノックのように連続して打ち出して、それを打ち返す練習です
この時に使うシャトルをストックする道具が「シャトルマガジンやディスペンサー」という器具で、割とお高い値段で販売しているようです
たいしてバドミントンは上手ではないきょろちゃんですが、このお盆休みはこれを自作してみることにしました
インターネットで探してみるとPETボトルを繋いで作成しているようですが、適当なPETボトルを探す手間や、繋いでいくのでどうしてもビニールテープが目立って恰好がスマートでないなぁという感があります
そこで100円均一「ダ○ソ○」で入手できる材料を使って超お得に作る方法をご紹介いたします

まず材料は以下のものです
@伸びる書類ケース:300円(2015年8月現在)
※通常は「ポスターケース」として1000円以上で売ってるようです
300円なので安い分だけちゃちい気がしますが、逆に材料の加工がやり易いかも
Aシャトルケースのフタ
※バドミントンのシャトルケースについているフタ
コック側のくぼみのある方を使います
これはバドミントンのクラブに入っていればタダで入手できますね
Bグルーとグル―ガンセット
※100円均一のお店で300円くらいで売ってます
いろいろと使える便利な接着剤で、クリスマスのリース作りやちょっとした修理に使えますので一家に一個あると良いですね


材料の写真.jpg

最初にシャトルケースのフタを加工します
カッターナイフを使ってくぼみの縁の部分を切り抜きます
くり抜いた穴にシャトルが引っ掛かることを確認してみましょう
フタの加工.jpg

次に書類ケースの底の部分に先のフタの大きさと同じ大きさの穴をカッターナイフであけます
穴が大きくなり過ぎないように切り抜いてください(少しくらい大きめであれば、グルーで穴埋めできます)
※指を怪我しないように十分に気を付けましょう
小さなお子様は大人の人にしてもらいましょう!!

書類ケースの加工.jpg

最後に書類ケースの穴にシャトルケースのフタを差し込み、縁をグルーガンを使ってグルーで接着していきます
見た目はあまり気にしないでいきましょう
気になる方は後でビニールテープなどで装飾してみてもいいかもしれませんが、まぁ練習中はそんなこと言ってられないですかね
書類ケースとフタの接着.jpg

うまく接着できれば完成です!!
書類ケースの上部からシャトルを投入してみて、実際に引き抜けるかどうか試してみてください
2つ作成して2連にすると結構かっこ良いですね!!

今回使った書類ケースは肩紐が書類ケースのフタのところに付属していたので、一度取り外し筒のところに移動させて固定し、フタを取り外しておけば練習中にいつでも上部からシャトルが追加投入できるようになります
ノック用シャトルケースの完成.jpg

今回のノック用シャトルケース
・伸び縮みするので必要な長さに調整して使用できます
・軽量なので子どもでも簡単に背負って使えます
・1個300円で追加作成でき非常に経済的です


ぜひ皆さんも試してみてくださいね
posted by kyorochan at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月29日

ピスタチオが燃料に!!



廃棄物がすべて燃料になる時代がそのうち来るといいですね
※記事のバイオガスとはメタンガスと炭酸ガスの混合ガスです。メタンガスは都市ガスなどの主成分なのでそのまま燃料として燃やしたり、ガス発電に使ったりすることができます。
興味のある方は次の本なんかを読んでみてください。
トコトンやさしいバイオガスの本 (B&Tブックス―今日からモノ知りシリーズ)

ところで、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の中で、ドク博士がデロリアンの燃料としてビールやバナナを入れるシーがありましたね。子どものころにすげぇーと感心した記憶があります。
映画では核融合の燃料という設定らしいですが、(核融合の賛否はおいといて)何でも燃料になるというのは、やはり人類の求める究極の技術ですね。
また、見てみようかなぁ目
バック・トゥ・ザ・フューチャー ベストバリューDVDセット






posted by kyorochan at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月19日

コーラの缶を立ててみました

トリビアの泉のネタをやってみましたよ

コーラの缶


意外と簡単にできましたが、けっこう「ほ〜」という感覚です

コロンブスの卵のような発見ですね

ちなみに350ML缶でなくても出来るようです


280g缶

posted by kyorochan at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月16日

地球の素材で宇宙に出ていく人類



ローテクな素材がけっこういろいろな所で役に立つんですよね。
まだまだ地球上にある素材は宝の山なのかもしれないなぁ〜







ラベル:地球 宇宙 素材 遮熱
posted by kyorochan at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月12日

折り合いをつけるということ

「人はいろいろな物、人と折り合いをつけることで生活をしている」

最近、「折り合いをつける」ことについてよく考えることがある
働いていると理不尽なことが沢山でてくる。しかし、だからと言ってしないわけにもいかない。
そこに「折り合いをつける」必要性が出てくる。
決断するという言い方もあるが、決断とはいろいろな背景や過去の経験、自分の能力と照らし合わせよく考えた末のことだろう。
ここでいう折り合いをつけるとは、納得しようがしまいがとにかく物事を進めるために必要な行動のことである。
最近の社会を見ているとなんとなくこの「折り合いをつける」という事ができない人が多いのではないかと思えてくる。
確かにしっかりと考えて決断することも必要である。しかし、考えても答えが出ないことの方がこの世の中には沢山あるのだ。
ではそんな時はどうするか?そう、何かしら自分の中で「折り合いをつける」のである。
何かの問題(無謀と思える仕事を受けたり、受け入れがたい人間関係など)にぶち当たったとき、「折り合いをつける」ことで前に進むことができる。
少し進んでみてまた別のところで「折り合いをつける」のである。

今日はこの辺で…


posted by kyorochan at 01:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月12日

PPバンドのプラカゴ7

今回は、持ち手をカゴに取り付けます

図のように持ち手の先をカゴの内側にさしこんで取り付けていきます。

持ち手をつなぐ1.jpg


持ち手を取り付けたとこのアップ画像です。

持ち手をつなぐ2.jpg


持ち手を2つ取り付けていよいよ完成!!

完成品.jpg


ベトナムのお土産と比べてみると、まぁまぁの出来でしょうか?

140105_1412~001.jpg


PPバンドを切るところから始めて全所要時間5時間弱

好きな音楽を聴きながら作業すると、ちょっとした暇つぶしには良いかも

この大きさだと、子どもの砂場遊び入れに持っていくには良い大きさかなぁ〜
水洗いももちろんOKです



posted by kyorochan at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月11日

PPバンドのプラカゴ6

本日は持ち手を作ります

まずは、PPバンドの材料はこれを使います

PPバンド持ち手材料.jpg


詳しい編み方はこちらの本を参照ください。



編み始めはこんな感じです

持ち手編み始め.jpg


途中経過はこんなっ感じです。
編みはじめと途中にワニ口クリップや洗濯ばさみを挟んでおくと、ほどけなくていいですよ。

持ち手編み途中.jpg


これを2本作ります。

張りのあるPPバンドを編んでいくと(折りたたんでいく感じ)指先がけっこう疲れます。
これまた根気のいる作業です。
持ち手完成.jpg


指先が着かれたのでこの続きはまた次回です
一休み…
posted by kyorochan at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月09日

PPバンドのプラカゴ5

今回はタテ材を差し込んでいくところです
前回、編み材で9段目まで編んだところで、残ったタテ材を縁で折り返します
この時に隣り合うタテ材を内側と外側に交互に折り返していきます
また、PPバンドの端は斜めに切っておくと差し込みやすくなりますよ

PPバンド通し.jpg


こんな感じで内側と外側にそれぞれ差し込んでいきます
差し込んだところからはみ出る先の部分はカットします

ここまでくれば作業も残りわずかですよ

カゴの部分完成.jpg


ここまで掛かった時間は5時間ちょい

根気が大事です 

posted by kyorochan at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月08日

PPバンドのプラカゴ4

今回は、いよいよプラカゴの作製です。
まずは「タテ材」「編み材」「縁材」「持ち手(芯材)」のPPバンドを切り出します。
色は緑、赤、黄色の3色です。

PPバンドカット済.jpg


カットしたPPバンドでいよいよカゴを組み始めます。
まずは「タテ材」を使ってカゴの底の部分を作ります。

本を読むと簡単に組めそうに見えましたが、実際にやってみるとPPバンドはかなり張りがあり編むのは一苦労でした。
そこで、いろいろ試行錯誤した末、100円均一に売っていたスチレンボードを作業台にし、PPバンドの端を洗濯ばさみを使って固定し、片方の端はPPバンドを渡して、その下をくぐらせてみました。

PPバンドの固定.jpg


カゴの底部分はこんな感じです。
角の部分にほどけないようにワニ口クリップを止めておきます。

カゴの底.jpg


さぁいよいよ組み上げていきます。
どこから編み始めるとかは「、PPバンドで編む 毎日使えるプラかご: ベトナム雑貨でおなじみのおしゃれなかご
を見てください。
ここでは、1段目から最後の9段目までの途中経過の写真を載せておきます。

織り編み1.jpg


慣れてくるとスムーズにできますが最初は少々骨が折れる作業です。
まぁなんでも最初はそんなものですから、PPバンドかご作りにチャレンジしたい方は根気よく頑張りましょう。

本日はここまで…










posted by kyorochan at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月06日

PPバンドのプラカゴ3

今日はPPバンドのプラカゴに必要な材料と道具の紹介したいと思います。
まずはこれがないと始まらないPPバンドです


PPバンド.jpg


青や黄色はよく見かけますが、手芸用にとカラフルな色が売られているようみたいです。
ベトナムのプラカゴで使われていたPPバンドに比べるとけっこう張りがあります。

作製するときに必要な道具です。「PPバンドで編む 毎日使えるプラかご: ベトナム雑貨でおなじみのおしゃれなかご」の本を参考に集めてみました。

道具1.jpg


右上から反時計回りに、「ワニ口クリップ」、「洗濯バサミ」、「小さめのハサミ」、「巻尺(1.5m)」、「定規」です。
「ワニ口クリップ」はネットでも購入できるようです。



僕は近所の電子部品屋さんで入手しました。
このワニ口クリップはPPバンドを編んでいくときの角のPPバンド同士を止めるときに使うようなので10個ほど購入しました。また、絶縁のゴムが巻いてあったのでそれはすべてカットし、奥まで挟めるようにしました。

とりあえず準備は整ったところです。
次回はいよいよ作れるかな?

続く…





posted by kyorochan at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。