2009年06月12日

日経平均、8か月ぶりに終値1万円台回復



昨日の1万円台突破を機に本日は1万円を安定的に抜いたままでした
なんとなくバブル相場のような気がします

実経済は依然厳しく、為替も1ドル100円を割ったままです

景気の牽引役の自動車産業は環境保護に対応した電気自動車やハイブリッドカーでなんとか盛り上げようとしてますが、市場の購買力は金融危機以前のようにはもどらないとの大方の予想

先日の温室ガス15%の削減目標による日本産業界への重荷と、地球環境保護のためのコストだとする各家庭への年間負担額7万円超

さらに、段階的に引き上げられようとする消費税12%

市場の縮小と、各企業及び各家庭の負担額の増加から、どういう理屈で企業価値が上がっていくのか、きょろちゃんには見えないのですが...

株価に織り込まれている日本企業の将来像は見えてきませんが、「明けない夜はない」ことを願い、ただただ今は目前の仕事をこなすだけです
posted by kyorochan at 20:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
製造業が生産調整を終え、急激に生産を拡大しているんですよ。これからの日本は環境産業が成長を牽引すると期待されています。
Posted by てつ at 2009年06月13日 20:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。