2014年01月12日

PPバンドのプラカゴ7

今回は、持ち手をカゴに取り付けます

図のように持ち手の先をカゴの内側にさしこんで取り付けていきます。

持ち手をつなぐ1.jpg


持ち手を取り付けたとこのアップ画像です。

持ち手をつなぐ2.jpg


持ち手を2つ取り付けていよいよ完成!!

完成品.jpg


ベトナムのお土産と比べてみると、まぁまぁの出来でしょうか?

140105_1412~001.jpg


PPバンドを切るところから始めて全所要時間5時間弱

好きな音楽を聴きながら作業すると、ちょっとした暇つぶしには良いかも

この大きさだと、子どもの砂場遊び入れに持っていくには良い大きさかなぁ〜
水洗いももちろんOKです



posted by kyorochan at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月11日

PPバンドのプラカゴ6

本日は持ち手を作ります

まずは、PPバンドの材料はこれを使います

PPバンド持ち手材料.jpg


詳しい編み方はこちらの本を参照ください。



編み始めはこんな感じです

持ち手編み始め.jpg


途中経過はこんなっ感じです。
編みはじめと途中にワニ口クリップや洗濯ばさみを挟んでおくと、ほどけなくていいですよ。

持ち手編み途中.jpg


これを2本作ります。

張りのあるPPバンドを編んでいくと(折りたたんでいく感じ)指先がけっこう疲れます。
これまた根気のいる作業です。
持ち手完成.jpg


指先が着かれたのでこの続きはまた次回です
一休み…
posted by kyorochan at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月09日

PPバンドのプラカゴ5

今回はタテ材を差し込んでいくところです
前回、編み材で9段目まで編んだところで、残ったタテ材を縁で折り返します
この時に隣り合うタテ材を内側と外側に交互に折り返していきます
また、PPバンドの端は斜めに切っておくと差し込みやすくなりますよ

PPバンド通し.jpg


こんな感じで内側と外側にそれぞれ差し込んでいきます
差し込んだところからはみ出る先の部分はカットします

ここまでくれば作業も残りわずかですよ

カゴの部分完成.jpg


ここまで掛かった時間は5時間ちょい

根気が大事です 

posted by kyorochan at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月08日

PPバンドのプラカゴ4

今回は、いよいよプラカゴの作製です。
まずは「タテ材」「編み材」「縁材」「持ち手(芯材)」のPPバンドを切り出します。
色は緑、赤、黄色の3色です。

PPバンドカット済.jpg


カットしたPPバンドでいよいよカゴを組み始めます。
まずは「タテ材」を使ってカゴの底の部分を作ります。

本を読むと簡単に組めそうに見えましたが、実際にやってみるとPPバンドはかなり張りがあり編むのは一苦労でした。
そこで、いろいろ試行錯誤した末、100円均一に売っていたスチレンボードを作業台にし、PPバンドの端を洗濯ばさみを使って固定し、片方の端はPPバンドを渡して、その下をくぐらせてみました。

PPバンドの固定.jpg


カゴの底部分はこんな感じです。
角の部分にほどけないようにワニ口クリップを止めておきます。

カゴの底.jpg


さぁいよいよ組み上げていきます。
どこから編み始めるとかは「、PPバンドで編む 毎日使えるプラかご: ベトナム雑貨でおなじみのおしゃれなかご
を見てください。
ここでは、1段目から最後の9段目までの途中経過の写真を載せておきます。

織り編み1.jpg


慣れてくるとスムーズにできますが最初は少々骨が折れる作業です。
まぁなんでも最初はそんなものですから、PPバンドかご作りにチャレンジしたい方は根気よく頑張りましょう。

本日はここまで…










posted by kyorochan at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月06日

PPバンドのプラカゴ3

今日はPPバンドのプラカゴに必要な材料と道具の紹介したいと思います。
まずはこれがないと始まらないPPバンドです


PPバンド.jpg


青や黄色はよく見かけますが、手芸用にとカラフルな色が売られているようみたいです。
ベトナムのプラカゴで使われていたPPバンドに比べるとけっこう張りがあります。

作製するときに必要な道具です。「PPバンドで編む 毎日使えるプラかご: ベトナム雑貨でおなじみのおしゃれなかご」の本を参考に集めてみました。

道具1.jpg


右上から反時計回りに、「ワニ口クリップ」、「洗濯バサミ」、「小さめのハサミ」、「巻尺(1.5m)」、「定規」です。
「ワニ口クリップ」はネットでも購入できるようです。



僕は近所の電子部品屋さんで入手しました。
このワニ口クリップはPPバンドを編んでいくときの角のPPバンド同士を止めるときに使うようなので10個ほど購入しました。また、絶縁のゴムが巻いてあったのでそれはすべてカットし、奥まで挟めるようにしました。

とりあえず準備は整ったところです。
次回はいよいよ作れるかな?

続く…





posted by kyorochan at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月05日

PPバンドのプラカゴ2

今回チャレンジするのはベトナムのお店で購入したこの小さなPPバンドのプラカゴです

140105_1412~001.jpg


これは一番小さいもので、おそらくお土産用でしょう。

ベトナムではもっと大きなプラカゴ(店頭に吊り下げられたおおきなやつです)にココナッツの実をいくつもいれて、バイク(ここホーチミンでは8割がホンダのバイクみたい)に乗せて運んでいるのを旅先で見かけました。前回ご紹介した参考図書を読むと、ベトナムの方は魚や野菜をこの中に入れて買い物かごに使うそうです。





なんと、PPバンドの紹介で載せられた写真が、どんぴしゃここのお店の写真
よほど有名なお店なんでしょうね

さて、本を見てさっそくお目当ての大きさのカゴを探したのですが、ちょうどいい大きさが載ってないのでした 
どうもこの本は実際に使える大きさのサイズのカラフルなカゴを中心に載せているようです。

ところで、PPバンドのカゴを作るときにまず行うことはPPバンドを所望の長さにカットしていくことです。この長さでカゴの大きさが(縦×横×高さ)が決まります。

こういう時なネット検索!!
ありましたありました(^^)
みなさんいろいろ趣向を凝らしてますねぇ〜


しかし、まずは基本からということで、今回作成したいカゴの設計図(PPバンドの長さ)をもとに早速PPバンドを切ることにしました。
さぁ、編み物初心者でもできるかなぁ


続く…






posted by kyorochan at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PPバンドのプラカゴ

ずいぶんサボってしまいましたが、ボチボチブログ再開です。

さて、新年なのに昨年の夏のお話です。
いろいろあってベトナムに行く機会がありました。
茶色に濁ったメコン川にも行ってきました。

the Mekong.jpg

今回はその時のお土産のお話です。
(旅のお話はまた次回ご期待!!)

あるとき、同行の知人に連れられてプラカゴのお店に行きました。そこはPPバンドで作られたプラカゴが所狭しと並んだお店でした。店の正面はもちろん店内も崩れそうなくらいのプラカゴの山です。

DSCN6047.JPG

同行の方がご近所さんに頼まれたからとどっさり買っていくものですから、ついつい僕もよくわからず小さなものを数個購入し帰国したわけです。
(今さらながら、お土産は事前に調べておいた方が良いですね)

さて、帰国後しばらくして、買ってきたPPバンドのプラカゴを見ていると… 俺にも出来るのでは??

熱しやすく冷めやすい性格は分かっておりますが、とりあえず作ってみることにしたのです。
が、編み物なんてしたことがないので、とりあえず困ったときのAmazon図書館で検索。
ありました、ありました(^^)

PPバンドで編む 毎日使えるプラかご: ベトナム雑貨でおなじみのおしゃれなかご

ついでにPPバンドも購入し、モチベーションが落ちないうちにとりかかったわけです。

さぁどうなることやら 続く…






posted by kyorochan at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。