2011年10月16日

うんチョコ

近所のスーパーで面白いお菓子を売ってました

しかもレジ前におかれたそのお菓子は「うんチョコ」!!

レジ前に置くなんて店長の趣味でしょうか?

ちなみにチョコを食べるときは下の写真のようにお尻の穴から取り出して食べます

味はいまいちですがお話のネタにはなるかな??


111009_1744~001.jpg


posted by kyorochan at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

顧客のニーズについて考える

きょろちゃんの会社は素材メーカーですが、素材メーカーはお客様の要求を満たす、すなわちニーズを見つけ、素材を開発・製造・販売して成り立っております。

一番最初に来てもっとも重要なこのお客様のニーズ(一般的には顧客ニーズと言いますが)の内容が、その後の企業活動に影響を与え、事業化の成否を決めていくわけだと思います。


ありきたりのニーズであればそれなりに事業化できたとしても、決して会社を支えるだけのビジネスにはなりません。
よくある例がお客様のご意見うかがい的なお仕事ですね。これは直近の売り上げを稼ぐという意味では悪いことではないと思いますが、あくまで将来のお客様のニーズを探るための手段であるという認識を忘れてはいけないと思います。

一方、お客様すら気づかなかったニーズ(潜在的なニーズ)は新市場を形成する可能性があり、会社の稼ぎ柱になる可能性も十分あると考えられます。しかし、当然お客様がその時点では気づいていないので、お客様から直接には聞くことができません。
さらに、お客様がニーズと考えていないことですから社内での説明も難しいでしょう。

では、どうしたら潜在的なニーズを考えることができるのでしょうか?
潜在的なニーズにこたえ新たな市場を切り開けるのでしょうか?

そのひとつの手法に先日の日記にも出てきましたが「ブルーオーシャン戦略」があると思います。
お客様のニーズがその製品に要求される特性・特徴だと考えると、その特性にメリハリをつけ(どこを強化しどこを削減するか)、さらに別の特性・特徴をくっつけるという「戦略キャンパス」の考え方ですね。

これは換言すると「お客様の個々のニーズの最適化」と考えることができると思います。
つまり、より必要な特性は強化し、そこまで重要でない特性を思い切って削減し、さらにお化粧として別の特性を盛り込む。
最適化をしているので、実はそれほど真新しさはないはずですが、まるで別物といった感覚をお客様は感じてしまいます。まさにこれが「バリューイノベーション」なのだと思います。

さてさて、この辺で頭がいっぱいになってきたのでまた次回にしておきます。
ラベル:ニーズ
posted by kyorochan at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。